林と原の器づくり

瀬戸で陶芸を学んで、東京で作陶している2人の制作・作品について紹介するブログです。

わたしにわのわにわつかれたわ

にわのわが終わって、あっという間に2週間経っていました。林です。

終わった直後はもう疲れすぎてフラフラでしたが、今はもう平常運転です。題名は回文ぽいけど違います。

 

すごく久しぶりのクラフトフェアは、驚くことや感心することや面食らうことなどいろいろありました。そうそうスタッフの方々はとてもホスピタリティーに溢れていて、いろいろありがたかったです。感謝。

また出展するとしたら、今度は夫婦枠とかでのんびりやりたいです。ひとりは疲れますわ。

 

心残りなこととしては、あまり他のブースを見て回れなかったこと。クラフトはサァーっと廻れたのですが、食べ物エリアは全く行けませんでしたね。それでも「最近はこんなジャンルのが流行っているのね」というのは感じることができました。それと流行っているジャンルと流行っていないジャンルの差が昔より激しいような気がしました。これはSNSの影響ですかね。

 

あ、そうそう、前の日記で書いた「千葉在住の千葉くん」も遊びに来てくれました。

 

それと出展している作家さん同士がみんな知り合い同士なのもびっくりでしたね。僕はほとんど知り合いがいなかったのですが、どうやらみなさんあちこちのクラフトフェアで遭遇しているみたいで、すっかり顔見知りなんですよ。何度かにわのわに出展しているらしい作家さんはスタッフさんとも仲良しで、僕はちょっと気後れしてしまいました。

僕が社交的な明るいキャラならいいんですが、人見知りなもんで2日間ちんまりと過ごしました。

そのせいか2日目の午後には、スタッフさんがいろいろ話しかけに来てくれて、なんか心配かけちゃったみたいです(笑)。

だけどこれは僕の性分なので、もう仕方ないです。

個人作家なんて人と話すのが苦手な人がやるんだと思ってましたけど、どうやらそうでもないようです。

 

 

千葉とわたし

にわのわまであと3日です、林です。

梱包材を買いました。テーブルにひく布も買いました。名刺と作品につける紙は手作りのプリントアウトです。なんとかなりそうな感じになってきましたよ。

 

今回出展させてもらう「にわのわ」は千葉にゆかりのある作家を紹介するというのが目的のひとつで、そのため作家が千葉にどのような関係・思い入れがあるかを書かなければなりません。特に今回の展示では、テントにその内容を記した紙を掲示するらしいです。

ところが僕は千葉には特にゆかりも思い入れもなく、なかなか難しいことになってます。

応募用紙に記入したのは、

西武ライオンズファンですが、千葉マリンスタジアムに行ってみたい

という訳のわからないものでした。

ただ本番でもこれではあんまりなので、いろいろ悩んだ末にひねり出したのが以下

・小学生のころ九十九里浜の旅館に泊まった。地引網を引っ張ったのが楽しかった。

・親戚が千葉に住んでいた。(行ったことはない)

・陶芸学校の友人の名前が千葉くん(千葉県出身)。

そしたら今朝、もひとつ発見しました。僕が毎朝パンに塗って食べてるピーナツバターが下の写真。

f:id:siromike:20190529220441j:plain

これで許してはもらえないだろうか。

 

あたふたしてます

まるで夏のように暑いですね、林です。

 

前回、お知らせしたクラフトフェアまで残り1週間をきってしまい、せっせと準備をしています。ただあまりに暑くてしんどいです。

今日は外で、展示に使う板にペンキを塗っていたのですが、暑くてたまりませんでした。ペンキはあっという間に乾いたみたいですが。

久しぶりのクラフトフェアは、なにを準備をすればよいのか忘れてしまっていて、あたふたしてしまいます。

突然ですが、あとやることリスト

・梱包材(プチプチと手提げ袋)を買ってくる

・お釣りの準備をする

・作家名を書いた紙(作品と一緒に渡す)を準備する。

・名刺をもってないのをどうするか

・できれば床屋に行きたい

・車のチャイルドシートを外す

・展示の値札をどうするか

・作品を箱に詰める

ぱっと思いつくところでこんなところでしょうか。

あとこんなのあると便利よ、とかいうことがあったら教えてほしいです。

もうちょっと涼しくなってくれているといいなぁ。

 

そうそう、どこのクラフトフェアかまだお知らせしていませんでした。

千葉の佐倉というとこでやる「にわのわ」というクラフトフェアです。

とても素敵なところらしいので、よろしければ。

 

写真は、この前なんか引っかかって撮った写真。作品写真は品切れ。

f:id:siromike:20190429113054j:plain