林と原の器づくり

瀬戸で陶芸を学んで、東京で作陶している2人の制作・作品について紹介するブログです。

搬入にいけあ

搬入に行ってきました。林です。

やっとやっと搬入まで終了しました。あとの展示はオーナーさんにおまかせです。明日が楽しみ。

搬入の後にH.worksさんの近くのイケアに行ってきました。ちなみに二人とも初イケア。

まあとにかく広い、広い。そして途中で疲れても逃げられない。だけど外国っぽいお店の雰囲気が楽しかったです。

僕は座椅子が欲しかったのですが、店員さんに聞いても売っていないとのことでした。まあ北欧の人は座椅子を使わないんでしょうね。

あぁそれと僕は100円くらいのホットドッグが食べたかったのですが、うっかり違う食堂でご飯を食べてしまったのが心残りです。そこで食べたフィッシュアンドチップスはとても量が多かった‥。

そんなこんなで、いよいよ明日から二人展です。どうやら3連休の天気は最悪みたいですが、まあ室内の展示ですし期間も長いので気が向いたときに来てください。

 

余談ですが、この時期は屋外のイベント(クラフトフェアなど)が多いので、3連休に予定されているイベントは大丈夫かなと心配になってしまいます。僕も経験がありますが、大雨のクラフトフェアはなかなかに辛いんですよね。

f:id:siromike:20170912091435j:plain

上は染付の小皿(4寸くらい)

下はツバメ皿(5寸くらい?)

f:id:siromike:20170911153204j:plain

赤い星と青い星

こんにちは、林です。

今日は2人展の最後の窯を焚いています。地味にプレッシャーです。

 

今回の展示、原は新しい釉薬を使った作品のお披露目ということもあり新作がいろいろありますが、僕の方はいつもに比べると新作は少なめです。

ここのところ2人展とか3人展とか個展が緩やかに続いていたために、新作のイメージをほぼ出し尽くしてしまったみたいです。まあ無理矢理になんかつくることもできるのですが、イマイチなものを展示するのも精神的にツラいので。

そのかわり最近作った新作を微妙にモデルチェンジしたものはいくつかあります。ツタヤ的に言うところの準新作というやつですね。

手を抜いているわけではないのです。あくなき探究心というやつです。

下のお皿がその準新作。その下のマグは、ほぼ新作。

f:id:siromike:20170911153031j:plain

f:id:siromike:20170911152541j:plain

 

陶芸の作家さん、身だしなみや服装にとても気を使う人と、全く気を使わない人に二分されるような気がします。そして僕はまごうことなき後者。

朝起きると引き出しの一番上にあったTシャツを着るのですが、その日はタミヤ模型のTシャツでした。それに短パンサンダルを履くと、なんか夏休みの小学生みたいでした。まあそんなことは全然気にならないのですが。

ただうっかりしていたのは、その日がH.worksさんが工房に訪ねてくる日だったということ。そして写真を撮られるとは思っていなかったこと。

H.worksさんのブログに写真が載ってます。

ほんとちょっとだけ恥ずかしいです。

最後の窯まであと4日

f:id:siromike:20170824140325j:plain

今回は新しい釉薬の器を出品します。濁った釉薬はいままでもやっていましたが、いままでのものより黄色っぽくてパキッとしていて少しタイプが違います。写真だと青く見えてしまうのが残念です。

線が活きるような図案の新作もいくつか考えてみました。吉と出るか凶と出るかわかりませんがどんなものか一度観にいらしてください。少しネタバレするとウサギやイヌをモチーフにした新作もあります。

今は最後の窯に向けて絵付けの真っ最中です。こんな時にかぎって部屋の汚れや湯呑みの茶渋が気になって気になって仕方がないのは何故でしょう?